株式会社JR東日本建築設計
JR東日本

JR東日本ホテルメッツ 秋葉原

建築主 東日本旅客鉄道、日本ホテル
所在地 東京都千代田区
階数 地上9階
延べ面積 約6,600m²
構造 S造
竣工年 2019年

JR秋葉原駅電気街口に建つ、山手線内側では初となるメッツブランドのホテル。従来のメッツよりもさらに高い快適性を求め、洗い場付きバス、トイレと洗面台を独立させた。法的に客室を計画できない最上階の一部スペースを客室専用のテラスとすることで、秋葉原エリアの象徴ともいえる電気街を眺めることができる付加価値を付けている。
「COOL TOKYO」を環境コンセプトとしスタイリッシュでスマートな中に遊び心も見えるデザインとした。外装材のアスロックは、同色でありながらリブの数を変えたものを幾何学的に配することによりパズルのような表情を見せる。2階エントランスに続く階段と、今回併せて整備した東西自由通路の入口を2層の吹き抜けとすることで、建物の圧迫感を無くし街に開けた空間となっている。
◇内装デザイン:日建スペースデザイン

back