株式会社JR東日本建築設計
JR東日本

プレイアトレ土浦

建築主 東日本旅客鉄道、アトレ
所在地 茨城県土浦市
階数 地下1階 地上6階
延べ面積 約17,340m²
構造 SRC造、一部S造
竣工年 2020年

1983年に開業した駅ビルのリニューアル。茨城県が進めるサイクリング拠点整備事業に合わせ、全館がサイクリングリゾートというかつてない駅ビルに生まれ変わった。
地下1階と1階は日本最大級のサイクリング拠点「りんりんスクエア土浦」とカフェ、駐輪場、シャワー室等のサービス施設、2、3階は既存スラブを一部撤去し外壁をガラスサッシとした開放的な空間に、食や学び、体験などの充実したコンテンツが集まる「STATION LOBBY」を配置。3~5階はサイクリングホテル「星野リゾートBEB5土浦」。自転車を壁にディスプレイできる客室などサイクリストも利用しやすいカジュアルで居心地の良いホテルとなっている。
◇環境デザイン(共用部分):SUPPOSE DESIGN OFFICE
◇内装設計・監理(ホテル):佐々木達郎建築設計事務所

back